秋田県総合公社の概要 1.沿革

1.沿革 2.基本方針 3.業務内容 4.定款 5.情報公開資料

理事長よりご挨拶

 

 当公社は、スポーツ・文化の振興や産業廃棄物の適正処理に関する事業、県有施設の管理運営
に関する事業等を行い、県民福祉の増進に寄与することを目的に平成12年4月に設立されました。
 現在は、県立総合プールや野球場(こまち球場)、武道館、体育館などの県有スポーツ施設や
県民会館、県立中央公園、環境保全センターなどの管理運営のほか、秋田県脳血管研究センター
の保守管理業務などを行っており、多くの県民の皆様にご利用いただいております。
 今後とも、利用者の皆様に喜んでいただけるよう、職員一同、一層のサービス向上に努力を重
ねるとともに、スポーツ教室など様々な事業を企画してまいりますので、よろしくご指導、ご協
力をお願いいたします。
 
平成28年6月 一般財団法人秋田県総合公社 理事長 東海林文和

1.秋田県総合公社の沿革

 

■平成12年4月1日

既存4法人の統合により(財)秋田県総合公社を設立し、基本的に従来事業を継承する形で

秋田県等から15施設の管理運営及び4施設の業務委託を受ける。

また、第三セクターにおける職員共同採用試験等の調整業務を行う。

■平成12年11月29日 秋田県から新たに県立総合プールの管理運営を受託する。
■平成15年7月31日 秋田県から新たに新屋運動広場の管理運営を受託する。
■平成16年3月19日 秋田県第1号の指定管理者として県立武道館の管理運営を行う。
■平成18年4月1日 秋田県環境保全センター他13施設について指定管理者として管理運営を行う。
■平成21年4月1日 秋田県立武道館の指定管理者として2期目の管理運営を行う。
■平成22年4月1日 秋田県立総合射撃場の指定管理者として管理運営を行う。
■平成23年4月1日 秋田県環境保全センター他10施設について指定管理者として管理運営を行う。
■平成25年4月1日 財団法人秋田県総合公社から一般財団法人秋田県総合公社へ移行する。

 

chart2.jpg

 

 org_3.jpg